定年後の住み替えについて

065

定年後に大きな家は本当に必要ですか?

子供が独立し、夫婦二人だけの生活になると、これまで家族で住んでいた家が広すぎるご家庭は多いと思います。
そこで、多くの人は住み替えを希望されていて、調査では、団塊世代の1/3強が住まいを変えたいと考えているようです。

chosa1
(株)リクシル「団塊世代の住まいおよび庭に関する意識調査」

ただ、実際に小さい家へ買い替えたり、賃貸に住み替えをするということは意外と少ないようです。

その理由は様々で、

  • 引っ越しが面倒
  • 慣れた土地を離れたくない
  • 家が売れるかどうかもわからない
  • 新しい家を買う資金がない
  • 新しい家を買うお金がもったいない
  • 子どもたちが帰ってきた時の部屋を確保したい
  • せっかく自分で建てた思い入れのある家を手放したくない
  • 老後の資金が不安だからこのままでよい

と様々です。

確かに、家の住み替え・買い替えは人生においてこれまで経験したことのない大仕事になることは間違いありません。
家を売り、そして新しい家を購入、もしくは賃貸物件を見つけて引っ越すのはかなりの負担になるでしょう。
友達や知り合いの多い土地にずっと住み続けたいという気持ちはよく解ります。
また、新しい家を購入するにも多額の費用は必要ですし、これから賃貸になったとしても、毎月家賃が必要となり、それを亡くなるまで払い続けられるかという不安も残ります。

しかし、その物件、特に一戸建てを持ち続ける、ということは、かなりのリスクだということも理解しておく必要があります。

今の住宅を持ち続けるリスク

動けなくなった時のリスク

元気に歩ける、動ける状態であれば、多少家が大きくても、自分たち掃除もできますし、どこかしら修繕が必要であれば自分で多少のことはできるでしょう。また、階段の登り降りも苦ではないでしょう。しかし、年を取ると足腰が弱くなり、階段の登り降り、そして玄関の段差、家の段差が辛くなってきます。
お年寄りはちょっとした段差でつまずいたりこけたりすることもあることから、バリアフリー化にリフォームするご家庭も少なくありません。しかしそれには多額の費用も必要です。

また、郊外に済んでいて、お買い物などが不便な場合、公共機関が多く走っているところであればよいですが、すくないと自分で車を運転していかなければどこにも行けない状態であれば、運転ができなくなると、買い物や病院通いもままならなくなってしまいます。

家そのものが古くなるリスク

長年住んでいれば、これまでもどこかしら悪くなり、修繕が必要になってきたとおもいます。
そして、これからはもっとそれが多くなってくることでしょう。

自分で修繕できる範囲だといいですが、業者に依頼するとなるとそれなりの費用が必要であり、それが年数が経つにつれ、大きくなっていくのです。

地価が下落、そして将来売れなくなるリスク

しかし、今、世の中では空家問題が深刻化しています。
そして、団塊世代が80才を迎える頃には、もっとその問題は深刻化しているはずです。

今なら売れる物件も、もしかしたらあなたの家はもう売れない物件になっているかもしれません。

そうなると、残されたお子様達は売るにうれない物件を抱えて、どうなるのでしょうか?

ではどうすれば・・・

よく、家のローンはおわったから、これからはここに住んでいさえすれば安泰だ、、と言う方は多いですが、そんなことはないのです。今の家に住み続けるということは、このような大きなリスクを多く抱えているのです。

だったら、やはり今のうちに住み替えを行ってしまうのが良いのではないでしょうか?

あなた達が子育てをしたその家を、今の若い世代に引き継ぎ、あなた達はより快適で、二人で住みやすい家に移りすむのです。

  • 駅が近くてスーパーも近い便利な土地の小さいマンションに買い換える
  • 子供の家からすぐの賃貸マンションに部屋を借りる
  • 高齢者向けの専用アパート、マンションに入居する

そのためには、1円でも多くの資金が必要です。
高齢者は住宅ローンを組むことも難しいので、その家の売却資金が次の家の資金そのものになるからです。

今の家、今なら高値で売却できるかもしれません。そうすれば、これからの住替え計画が見えてくるはずです。

まずは査定をしてみてください。大体の値段がわかれば、これからその家をどうするべきなのかがみえてくるばずです。
信頼できる査定はこちらから>>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る