近所トラブル 持ち家なのに、引っ越したい

headache

ご近所さんとのトラブル、本当に苦痛ですよね・・・

・隣、上の騒音がうるさく、小さい子供がいるので耐えられない
・近所にゴミ屋敷があり、ニオイもあるし火災も怖い
・トラブルメーカーの隣人がクレームをいろいろ言ってくる
・近所のママ友にイジメられて、無視をされる

いっそのことこんなところから引っ越してしまえば楽なのに、、
とおもっていても賃貸であれば引っ越してしまえばいいのですが、一戸建てや分譲マンションを購入したとなれば、そうカンタンにはいきません。

一戸建て・分譲マンションの引っ越しができない理由

・購入してまだ数年しかたっていないので住宅ローンが残ってしまう

ご存知の通りよっぽどの人気物件でない限り、日本の不動産は一度誰かが住んでしまうと中古住宅としてガクンと値がさがります。

例えば大阪府の中古マンションは築1年当時は平均坪単価163万円であったのに、築4年の3年後には151万年まで下がります。60平米、18坪で考えると、1年目は約3000万円程度だったのが、約2700万円になってしまう計算になり、その差は3000万円となります。

頭金を入れて3000万円の借入だったとすると、固定金利2.3%程度で計算すると、毎月返済をしていても3年後残高約2800万円、元本はたったの200万円しか減らないのです。

この時点で、2700万円で販売できたとしても、住宅ローンの元本は2800万円のこっていますので、マイナス100万円もの金額が売却時に必要となってきてしまうのです。

住宅ローンは最初はなかなか元本が減りません。10年15年程度の築年数では、おそらくどの家でも住宅ローンが残ってしまう可能性があるのです。
・売買や引っ越しにも多額の費用がかかる

不動産売買にはお金がかかります。住宅を購入した時にも、住宅の値段以上に印紙代や司法書士さんへの手数料、不動産屋への手数料が必要で、その額がかなりになっってしまいます。

売却時には、それらに加え、売却益がでた場合税金も支払う必要がある場合もあります。(買い替えの場合は控除されるので必要ない場合も多いですが)

それに加えて引っ越し費用もです。

・せっかく気に入って建てた家なのに手放したくない

自分で土地を探し、自分の理想の家を建築家に建ててもらったという人はその家が本当に気に入っていて、なかなか手放したくないのではないでしょうか?
ではどうすれば・・・

話し合いで解決すればもうとっくにしているはずですよね。

それでもどうにもならないので、引っ越しまでお考えなのだと思います。

最近は物騒な事件も多く、我慢していて万が一のことがあってからは遅いのです。

万が一なんてことがなくても、精神的によろしくない環境にいることが、どれだかこれからのあなた、そしてあなたの家族の生活に悪影響を与えるか考えましょう。

あなたは大丈夫でも、奥様、お子様が精神的に参ってしまい、ココロの病にかかってしまうかもしれません。家に一番長くいる奥様、お子様のことを第一に考えることが一番大切です。
家族を守るのはあなたなのですから。

あなたたち一家が負けて逃げるのではなく、よりよい暮らしの為に引っ越すのです。

負けないで頑張ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る